腰痛改善方法について

腰痛が良くなる運動法

腰痛になるといつも痛みを背負っているような感覚がして、非常に辛いものです。

 

歩いたり動いたりするのも億劫になってしまうので、できればベッドや座ることによって安静にしていたいと思うのが普通でしょう。

 

日本では原因不明の腰痛にかかっている人が多くいます。
腰痛にかかっている人の約8割は原因がわからないと言われているのです。

 

このような原因不明の腰痛には、実はゆっくり休むよりも適度な運動が効果的だと言われています。

 

なぜでしょうか。

 

腰が痛いといって、いつも寝てばかりいると別の症状が現れてくるからです。
たとえば筋肉がどんどん衰えて行き、変わりに脂肪が増えてきます。

 

筋肉がやせると、関節の動きが鈍くなり、骨も弱くなってしまいます。
腰が痛いからって必ずしも寝ていなければならないということはないので、腰痛に効果のあるストレッチや運動などを積極的に取り入れてみましょう。

 

一週間近く腰痛で寝込んでしまうと、その状態がさらに長く続いて、腰だけではなく体全体が不自由な人になってしまうかもしれません。

 

慢性的に腰が痛い人は、リハビリテーションが効果的です。

 

自分で決めた運動メニューを良く考えもせずに行ってしまうと、腰痛が悪化する危険性がありますが専門家に相談して運動時間や運動メニューを決めてもらうと、驚く程に腰痛が軽くなるケースが増えています。

 

しかし医者の中にはまだまだ腰が痛いなら薬を飲んでゆっくり休みなさいと言う人も多くいます。

 

確かにぎっくり腰やひどい炎症の時はゆっくりと横になって休むことも大切ですが、原因がなんだかわからない場合は、医者の言葉をうのみにせずに、リハビリテーションに力を入れている病院を探して、そこで治療してもらうのが良い選択でしょう。

 

薬は一時しのぎにはなりますが、実際に腰が良くなるという効果はあまり認められないので、リハビリによる腰の根本からの改善が効果をあらわします。

 

将来腰の痛みで寝たきりのお年寄りにならないためにも、普段から運動やストレッチなどを取り入れるようにしましょう。