腰痛改善方法について

腰痛になりづらい座り方のポイント

腰痛を防ぐ、または和らげるためには正しい眠り方や歩き方が大切になってきます。

 

普段の食生活を見直して、腰痛に良く効く栄養素を摂取することも必須となります。
他にも大切なこととして、座り方があります。

 

腰痛持ちの人にとって、座り方ひとつで腰痛が改善されるか否かが決まると言っても過言ではないでしょう。

 

和室や床に座る習慣の多い人にとって、座り方はとても大切です。

 

女性の場合は正座をする機会が多いのですが、もし正座が辛い時は上品に見える横座りをする女性もいます。
でも横座りは腰痛を引き起こす原因になりますし、もしすでに腰痛を抱えているならばそれがさらに悪化する危険性があります。

 

横座りは美しく見える所作で、比較的楽なので長時間この姿勢をキープすることも可能です。
でも体をいつも右か左のどちらかに傾けているので、骨盤がゆがんでしまうのです。

 

私たちが思う以上に横座りは体に負担をかけているのです。

 

では骨盤がゆがまない腰痛になりにくい座り方とはどのようなものでしょうか?

 

正座はきちんと背筋を伸ばせるので、あまり腰に負担はかからないのですが、膝に負担がかかってしまうのと長時間その姿勢でいると足がしびれるなどの症状が出てきてしまいます。

 

どうしても床に座っていなければならないシチュエーションに遭遇したら、横座りを右左バランスよく行うようにします。

 

そして時々正座をして背筋を伸ばすようにしましょう。

 

普段床に座る時は座椅子などを利用すると腰への負担が軽減されます。

 

普段から床に座る習慣がなく、ソファや椅子に座る生活をしている場合は椅子のクッション具合が大切になってきます。

 

クッションがあまりにも柔らかい場合は、腰が深く沈みこんでしまうので腰への負担が増してしまいます。

 

ソファや椅子を選ぶ時は柔らかすぎないタイプのものを選んで、腰への負担が少しでも減るようにしましょう。

 

正しい椅子の座り方は深く座ることです。

 

背面に合わせるように背筋をしっかりと伸ばし、アゴを引きます。
背もたれにもたれたり、足を組んだりすると体が歪む原因になるので、注意しましょう。