腰痛改善方法について

ストレッチで腰痛を改善しよう

腰痛はなってから直すよりも、できれば普段から運動などの対策を施してしっかり予防したいですよね。

 

腰痛を予防、緩和するために効果的な腰痛ストレッチの方法を紹介しましょう。

 

まずストレッチの前には体をしっかり温めておく事が大切になります。
一番良いのはお風呂上がりです。
お風呂上がりで体がぽかぽかしている時にゆっくりとリラックスして、軽く事前ストレッチをします。

 

事前ストレッチの仕方はとても簡単です。
ゆっくりと腰と背中を伸ばすだけです。
急な動きをすると腰痛予防どころか、ぎっくり腰になってしまいかねないので十分注意してあくまで「ゆっくり」と腰を伸ばすようにします。

 

ウォーミングアップができたら、いよいよ腰痛防止ストレッチに入ります。
腰痛ストレッチをする時はカーペットの上かヨガマットなどを用意して、その上に仰向けに寝転がります。

 

その時に両膝はたてておきましょう。

 

後は両肩がヨガマットから離れないように意識しながら、両膝を右、左と順番に倒して行きます。
膝を右に倒したら息を吐きながらそのまま10秒ストップします。

 

その後、同じように左にゆっくりと膝を倒して10秒ストップ。
この単純なストレッチを左右で10回繰り返すだけです。

 

すでに腰が痛くなってしまった人にも効果がありますが、普段からこのストレッチをしておくと、腰の調子が整うので、おもいがけない腰痛を予防することができます。

 

他にもヨガマットやカーペットが自宅に無い人でも簡単にできる椅子に座った腰痛ストレッチもあります。

 

椅子に軽く腰掛けて、両手をひざの上に軽く置いてリラックスします。
深く息を吸ってそのまま顔をゆっくりと上にあげます。
そうすると体の前側が伸びているのがわかります。

 

猫が伸びをするように伸びるところまで、体を伸ばします。

 

今度は反対に顔をおへその方に向けて、体の後ろ側をゆっくりと伸ばして行きます。
前と後ろを交互に伸ばす運動を10回続けましょう。

 

のんびりリラックスしてできる仰向けに寝て行うストレッチと手軽にオフィスでもできちゃう椅子を使ったストレッチ。
自分の好みに合わせて選んでくださいね。