腰痛改善方法について

効果のある腰痛体操について

日本は腰痛の有訴率が第一位と腰痛大国です。

 

腰痛患者の8割は原因不明で放置されているのが現状です。

 

腰痛には急性腰痛症やぎっくり腰、腰部椎間板症、腫瘍など様々な種類があります。
中には検査を要し、治療も要す場合があります。

 

長時間パソコンに向いていたら腰が痛くなった、荷物を持ち上げて激しい腰痛に遭ったなど誰もが経験することでしょう。

 

特定できない腰痛の8割以上は、原因が特定できませんが、姿勢が悪かったり、体を緊張させたりすることが腰痛の引き金となっていると言われています。

 

 

腰痛の8割が原因不明とのことですが、それらの腰痛に対して効果のある腰痛体操について紹介します。

 

腰痛にも前屈で痛む腰痛、後屈で痛む腰痛と、タイプがあります。

 

腰痛対策は、痛くなる動作を避ける、楽になる動作をする、に尽きます。

 

 

 

【前屈腰痛に効果的!体幹、下肢の筋肉を柔軟にする腰痛体操】

 

背筋を柔軟にし、腰椎前湾を減らすための体操→両手でひざを抱え込み、背中を丸くします。

 

伸ばした足の付け根を柔軟にするための体操→片方の足だけ抱え込み、片足を伸ばし床につける動作を左右交互にします。

 

足の付根を柔軟にする体操→四つん這いになり、ひざとアキレス腱を伸ばしながら片足を伸ばします。

 

腸腰筋、四頭筋を柔軟にする体操→横向きに寝て上になった方の足を掴み後方へ引っ張ります。
この時腰が一緒に反らないようにお腹を引き締めましょう。

 

 

 

【前屈腰痛に効果的!骨盤の傾きを減らし腰椎の反りを減らす腰痛運動】

 

腰椎のそりを減らす体操→あおむけの状態で膝を曲げ、背中を床につけたままお尻と腰を持ち上げます。

 

背筋の緊張を取り、腰の反りを減らす体操→かかとを壁から20センチ離し、リラックスして壁によりかかります。おなかに力を入れて腰を壁に押し付けます。

 

 

 

【後屈腰痛に効果的!腹筋背筋の力を強くする腰痛体操】

 

腹筋を強くする体操→両腕を体につけて両足を伸ばしたままゆっくり上げ、床から10センチ程上げたところで止めます。

 

 

自分にあった腰痛体操をする事で腰痛の予防や、腰痛そのものを治すことができるはずです。